2006年05月30日

盗作

グロ詩のほうで、盗作がありました。
近藤マサヒコが歌っていた割とはやった歌だったので、
私にも分かりました。
削除、書込み禁止としました。
しかし、ジャスラックに届けたらどうなるんでしょうね。
IPから身元割り出し要求、課金までしそうなんですけど‥。
おおこわ。(ゲルサドラ風に)

ともかく、盗作、著作権侵害はいけません。

そういえば、ちょうどタイムリーに
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060530-00000038-kyodo-soci
おえらい画家さんが、盗作をしたようで‥。

さらにはタイゾー議員も盗作をしたようで‥。


15年位前にも東京芸大の日本画の教授が鷹かなにかの写真作品のトレースでニュースになってました。

偶然似たり、あこがれて真似てしまうというのは仕方ないことだと思います。

が、節度と誇りは忘れてはいけません。

私も絵画をやっていたころは、ベーコン、ジャコメティ、キーファーに影響受けまくりでした。でしたが、丸写しはだめでしょう‥。
少なくともいったんイメージとして消化させればその人の味が嫌でも出てくるものです。

ホラー素材サイトとしては、真似をされているかなと思う機会がずいぶんありました。
しかし、もっといいものを真似ればいいのにと思うことが多かったです。
ああ、私は一生、巨匠には近づきそうもありません。
いつのまにか近づこうとすらしなくなりました。
生きていくのに精一杯です。










posted by 暗黒工房 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2006年05月29日

ムカデ更新と詩のリンク

ここで予告していた通り、ムカデ素材を更新しました。
なかなかムカデらしくなったと思います。
文書はこのブログのコピペです。
あの日以来、まだムカデは出てないですが、小ゴキが1匹でました‥。
毎日開閉している網戸のあたりです。
これから思いやられます。

グロ詩の方、ここ数日削除が増えています。
削除ばかりではなく、良い方向にする方法として、名作へのリンクなど
つけたらいいのではないかと思い、ちょっと探しました。
といっても、青空文庫ばかりです。
著作権侵害のところに張るのは本末転倒なので。

まざあ・ぐうす 北原白秋訳のマザーグースhttp://www.aozora.gr.jp/cards/000000/files/546_21324.html

ブレイク
http://www.longtail.co.jp/mhh/
http://www.longtail.co.jp/sise/

青空文庫の詩歌リスト
http://yozora.kazumi386.org/9/1/ndc911.html

まざあ・ぐうすは読みやすいしとてもいいような気がします。
古いものは読みにくいのが多くてうけいれられにくいかも‥。
数人でも読んでもらえれば、興味を持ってもらえればよいことのような気がします。
ドイツの民謡などいいのがあればよいのですが‥。
もうちょっと探してみようか‥。

民謡で今思い出したので、ここもいいかも。
なつかしい童謡・唱歌・わらべ歌・寮歌・民謡・歌謡
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/00_songs.html
権利切れてないものもありますが、許可をとってやっている稀な個人サイトです。ありがたいことです。

詩の技法。(暗喩、体言止め、韻、倒置)などの簡単な解説もあるといいかと思いますが、国語不得手な私にはつらいところです。
解説サイトを探しましたが、なかなかいいのが無くて。個人サイトの階層が下のほうだとリンクはりにくいですし。



posted by 暗黒工房 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2006年05月26日

CURE、アンダーワールドを観る

ギャオで「CURE」、「アンダーワールド」の2本を見ました。

「CURE」
まず、「役所広司って怒れるんだ。」というのが一声。
しばらくこの役者さん、ダンスするのしか観てなかったから‥。
肝心の内容ですが、私には分かりません。
途中面白くなりそうな雰囲気だったのですが、正直「これで終わりか」という感じでした。
幻覚を見せる場合はしっかり虚構を構築しないとしらけてしまう気がするのです。特殊能力を使うなら、どこまで非現実が許される世界なのか、観客に伝わらないと何でもありになってしまうと思うのです。
私的評価10段階の4

「アンダーワールド」
狼男と吸血鬼の一族対決を描いた映画。
これは、なかなか面白かったです。映像が綺麗で(夜ばっかりですが)話もどんでん返しありで飽きさせませんでした。
アクションや特殊メイクはまあ、今の映画という感じです。
しかし、ホラーではないですね。人間ほぼ不在ですし。
吸血鬼や狼男である必要すらないのかもしれません。
私的評価10段階の7(ややおまけで)


posted by 暗黒工房 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画等、動画感想

2006年05月22日

フォントの宣伝

フォントの宣伝で、サンプルつきリンク集に登録してみました。
http://www.fontfontfont.com/
http://ohkadesign.cool.ne.jp/freefont/

まだ、いろいろあるみたいですが2つで疲れてしまいました。
疲れるのが早過ぎです。

宣伝をすると最初のころを思い出します。
あまり過度な宣伝はダメですが多少は宣伝をしないといけないかなあと
思ってます。
なにぶんサイト放置が長かったので‥。
posted by 暗黒工房 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2006年05月19日

ホラーフォント怨霊配布開始

ベクターの登録が完了したので、ホラーフォント怨霊の配布を開始しました。
JIS第一水準文字までの漢字がでます。
本当は、第二水準文字もつくりたいんですけど、とっても大変なのです。

しかし、自分で使ってみてずいぶん便利だったので、ぜひ時間をとって追加したいものです。

私のHDの中にはまだ、英字フォント、絵文字フォント、カナフォントがあります。
英字の一部はシェアにしたいなあと思ってます。
方法を定めてからになりますが、とりあえず限定のもの(一部文字制限つき)をフリーで出そうかと画策中です。


posted by 暗黒工房 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2006年05月17日

素材、グロ詩、更新完了

グロ詩、結局1週間かかってしまいました‥。
さっききづいたんですが、セッションの移行も管理モードから自動化して行なえそうです。しかし、その改造を始めたらまた数日はかかる‥。

素材はこういうときに、コソコソとダークデスクトップと同じアイコンを出してみました。新鮮さのない画像は紛れて公開するに限ります。

あいかわらず、あまり元気ではないのですが、とりあえず元気です。
と、なんだか分裂気味の文ですね。
さて、フォントでもいじります。
posted by 暗黒工房 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2006年05月14日

フォントをベクター登録

自作フォント「怨霊」のベクター登録申請をしました。

とりあえず登録してから、暗黒工房内からはベクター内のファイルをダウンロードの形にして、ディスクスペースの節約というわけです。
JIS第一水準の漢字もあるので圧縮しても3メガ近くあります。

復帰の手がかりとして製作をしたのがこのフォントなのです。
最初はカナだけでしたが、どうも漢字を作りたくなって‥。
しかし第一水準までで精根尽きました。
もうしばらく第二水準は追加できそうに無いです。
しかし「髑髏」とか第二水準なんです。

下手糞な文字ですが人気が出るといいなあと思います。

復帰の際にフォントコーナーを作る予定だったんですが
グロ詩のCGIにかなり苦労して‥。手短に人のスクリプトで済まそうとしたら逆に手間がかかったのです。バグ報告までして‥。

さて、週末が忙しかったのでグロ詩復帰は平日になりました。
明日できる予定なんですが‥。




posted by 暗黒工房 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2006年05月12日

不調

どうも困ったことがおきて落ち込み気味です。
しかし、こういうときこそ、やるべきことを、ほんの少しでも頑張ってやらないといけないなあと思います。
とにかく、離れてしまうと戻ってこれなくなってしまうので、少しでも繋いでおく必要があるのです。

あまり不調不調と書いていても、いいことがあるわけではないので、
今日以降、こういうときは、このブログも更新しないようにします。

さて、とりあえず素材並べでもしましょう。単純作業です。




posted by 暗黒工房 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年05月11日

グロ詩作業中2

ひきつづきグロ詩作業中で、CGIのバグ取りやら、indexの整形やら
2つのスクリプトの連携やらやってます。

特にネタが無い日はここに何も書かなくてもいいかのと思いつつ、せっかくの日記新記録なので、数行でも何か書くことにしましょう。

しかし凝縮した2ヶ月でした。
ずっとグロ詩やってるような気がしてきます。
いままでのノウハウと免疫が無かったらとっくにつぶれてます。

低年齢の方もかなり増えていて、私の思う常識が通じないことも、しばしですが、よい可塑性を感じさせてくれることもあります。
できれば、いい方向に誘導していければよいなあと思っています。
自分が疲れすぎない範囲でですけど。

ろくでもないグロサイトですが、ろくでもないグロサイトだからこそ出来ることもあるのかもしれない‥。
すくなくとも、表向きが綺麗で、卑怯なことばかりしてる会社、団体のようにはなりたくないものです。
posted by 暗黒工房 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2006年05月10日

グロ詩作業中

特にネタの無い日です。
グロ詩のCGIいじり継続中です。
とりあえず、ビュー用CGIの骨格は完成。

あと気がかりなのは、運営方針というか、自傷、自殺ネタの取り扱いに悩みます。
全面禁止にしようかどうか‥。
リストカットネタなどは増殖していくし、「それが普通のこと、みんなやってるよー」という空気にはしたくない‥。
気持ちを吐き出すのは良いことなのですが、私には受け切れません。
他の方が受けるといっても、それで方向が、どう向くかを空気任せには出来ません。

とりあえず、
いのちの電話http://www.find-j.jp/
あたりに大きくリンクを張っておこうと思ってます。
死ぬ気できっているわけではないという人が多いようですが‥。

しかし「グロ詩」で検索すると、暗黒工房本サイトよグロ詩ページよりここのブログのほうが先に来るんですね。
ブログはやたら検索が上にきます。
SEOというやつにあまり興味が無かったのですけど、もうちょっと対策したほうがいいかもしれないですね。






posted by 暗黒工房 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2006年05月09日

グロ詩CGIいじり

グロ詩のCGIをいじってます。

無駄な部分が多かったので大幅に削ってます。
元のスクリプトと別物になってます‥。

さて、あと3作品で1000になります。
ログを落としてテストサーバーで動かしてますが
新規投稿時のトップ再構築が重い。
1日に30回程度までしかこのプロセスは起動しないにしても
バイオで1分以上かかるので、迷惑かもしれません。
ですので、トップページ構築時の負荷削減にとりかかりました。
単純にレス数を表示しなくしたら、なんと10分の1まで負荷が落ちました。
さらに無駄なファイルオープンをなくしてみました。
10秒程度ですみます!
しかしレス数がないとちょっと寂しいので、
最新100件まではレス数表示をつけたら、数秒の負荷ですみました。
これでよさそうです。
レス数は作者別で確認できますし。
その他、拍手の連続回数制限をつけてみました。
制限無しでモラリティにまかせてましたが、やはり一人で1万点一日に入れるとしらけるように感じました。

ここまでやっておいてから、今度はこれからのファイル管理の大改造です。
負荷を減らしても1ファイル1000が限界でしょうから、これから何年も継続できる形にしないといけません。
つまり万単位の作品数を管理する方法を模索です。
とりあえず、1万まで、つまり1000×10までは、プレビュー用のCGIを用意して感想と拍手もできるようにしたいとおもってます。
とりあえず、プレビュー用を今作成中です。

再開までにそのプレビュー用CGIと、投稿内容についてのガイドの見直し、この2つができないといけません。


しかし、LINUX環境を作っておいて良かったです。
エラー出しても動作が正直で。ほくほくです。

posted by 暗黒工房 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | CGI

2006年05月08日

.htaccessが表示されない

グロ詩の投稿数が1000に達しそうなので、
改造、修正等メインテナンスの準備に取り掛かってます。

で、さっそくvine Linuxのアパッチでテストを始めたのですが、
困ったことにwinのFFFTPから.htaccessが表示されないという問題が出てしまいました。

症状の検証をしたところ

.で始まるファイルはすべて表示されない。
vineのGUIからチェック。表示されていない。
htaccessという名のファイルをリネームするが、既に.htaccessはあると
警告。

検索した情報からFFFTPの設定をいろいろ変えるがダメ。
http://forums.danregister.com/viewtopic.php?p=1933&sid=1908536dce4bfc00b000c993634cc06a
http://blog.digital-navi.net/2005/09/vsftpdhtaccess_6df1.html


表示オプションをあさるがダメ。
GNOMEテキストエディタの「開く」から探すがダメ。
コマンドラインからviでは開ける。

その後また検索しなおし
http://vine-linux.ddo.jp/linux/ftp/ffftp.php
こちらのサイトに従い

proftpd.conf の最期の一行に
ListOptions "-a"
を追加。
FTPからは見事に見ることが出来ました。
GNOMEからはダメでした‥。

とりあえず解決です。
posted by 暗黒工房 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | CGI

2006年05月07日

内臓HD

内臓ディスク の検索結果 約 1,190 件
内蔵ディスク の検索結果 約 52,600 件

内臓HD の検索結果 約 260,000 件
内蔵HD の検索結果 約 2,400,000 件

内臓フロッピー の検索結果 約 278 件
内蔵フロッピー の検索結果 約 16,800 件

内臓モデム の検索結果 約 13,400 件
内蔵モデム の検索結果 約 240,000 件

ビジュアルを想像してわくわくします。

いや、Linux関連を調べているうちに、あまりにもしばしば内臓をみかけるもので気になりまして‥。

なにかのネタに使えないものかと思ってます。


posted by 暗黒工房 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年05月06日

suEXECの導入

http://ankokukoubou.sblo.jp/article/638976.html
の続きです。

i-mode連想cgiが正常動作しなかった。
原因、htmlファイルのパーミッションが666でないといけなかった。

で、パーミション、600などで検索したところ
suEXECというのを導入すればよいことが分かりました。
しかし、アパッチ公式っぽいところによるとsuEXECはセキュリティ上いろいろあって大変そう‥。
躊躇しましたが他のサイトもいろいろ調べてみたところ、さほどでもないようだし、なによりとうぶん外部公開をしない(ルータでブロック)わけなのでとにかく入れてみました。
手順はリンクで誤魔化します。

http://www.nn.iij4u.or.jp/~tutimura/vine25/index.html#suexec
コマンドラインからsuEXEC を有効に

http://www.h3.dion.ne.jp/~x723/apache_conf.html
httpd.confの設定。ただし当方の環境では、一部apacheがエラーで起動しなくなりました。バージョン等の関係かと思います。

http://www.nslabs.jp/apache-install.rhtml
htaccessで設定を変更できる範囲を拡大する。
こちらは大丈夫でした。

http://www.aconus.com/~oyaji/www/apache_linux_suexec.htm
vineではないですが、suEXECの全体像がつかめます。

無事、600、700でCGIが動くようになりました。
CGIの中でメール関係もあるので、メールサーバーも構築しないといけないのですが、とりあえずは後回しにします。
これで、一応のテスト環境が出来ました。

外部公開までにはセキュリティ関連の勉強をもっとしなければなりません。
しかし、その他のことをやらないと、ついついサボってます。
しばらくフォトショップ動かしてないですね。

とりあえず、一連のvine導入からCGIテスト環境構築まで、できれば綺麗にまとめたいです。秋ごろに予定しておきます。(いつも予定遂行率2割くらいですけど)



posted by 暗黒工房 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | CGI

2006年05月05日

マシンの掃除、解体

不用品の整理の続きとして、壊れた(と思っていた)マウスが3つあったので捨てる前に解体してみた。ネジだけでもまた使えるかもしれないと思って。
ホコリの塊がモコモコといっぱい出てきました。
これだけ溜まったら不具合もでるなあ‥。
じゃあ、しっかり清掃したらまだ使えるかもしれないと、テストしてみたところ2つは問題なく使えました。
1つはボタンが駄目になってしまっていました。

ああ、暗黒工房を始めたころのマウスも復活です。
富士通の付属品です。
メイドインマレーシア。
今のマシンはUSBマウスなので残念ながら使えないですが、別のマシンで使おうと思います。
しかし、早く掃除していれば無駄な買い物をせずに済んだのに‥。
損したか得したか分からない複雑な気分です。

解体欲に火がついてしまって、HPのデスクトップpavilion2000を解体清掃。
使ってないマシンです。
サブとして買ったものですが、なかなか気に入っていました。
開けるとすごいホコリ。

ここで、エアダスターが切れっぱなしという事実に気づきます。

しかしまだ手段はあります。
人間エアダスターです。
結構飛びますね。
フーフー。
なかなか綺麗になりました。
唾が飛ぶと故障の可能性もあるので真似しないでください。

先日デュアルブードにした旧バイオも開けてみます。
こちらは一度LANカードをさすときに掃除をしているので、ホコリは、さほどひどくないです。

なんだかもの足りません。
押入れの奥からデスクトップのFMVを引っ張り出します。初代暗黒工房製作マシン。
すごい重さです。
このマシンは音も大きく、さらにCDドライブに不具合があってCD-Rで焼いたメディアが読めないのです。
つまりlinuxを入れるのに不向きいうことです。
ですので、この機会に解体して使える部品を取り出すことにします。

とりあえず、開けるとトンでもない量のホコリです。フーフーしますが、酸欠で頭が痛くなってきました。
同じ押入れにカメラ用の空気吹きがあったので使ってみます。弱すぎて駄目です。
100円ショップで買ったポリ調味料入れ(青海苔を入れていた)を使ってみます。タコ焼き屋にあるマスタードチューブのようなものです。

なかなか使えました。戻りが遅いのが気になりますが。
しかし、しばらくするとフタが取れてしまって、やはり人間エアダスターが一番強力です。ストローがあればいいのですが‥。

ホコリまみれで鼻水がたれます。情けない姿です。でもなんだか楽しいです。

スカジーカード
HD8GB
HD3GB
フロッピーディスクドライブ
CD-Rドライブ
とりあえずこれだけ外しました。
最初から付いていたHD3GBが一番下にあって、それを外すためにフロッピーとCD-Rを外しました。
フロッピーとCD-Rは使いようが無さそうです。

HDはUSBケースに入れれば便利に使えそうです。3千円台であるようなのでそのうち買いたいと思ってます。
BIBLOでvineが認識してくれたら最高なんですが、駄目ならバックアップ用になりますし。
スカジーカードをどう使うか、迷います。MOとスキャナくらいしかつなぐものないのですが。

ゴールデンウィークの娯楽でした。
posted by 暗黒工房 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年05月04日

「らせん」を観たついでにリングシリーズ私見

ギャオで「らせん」を観ました。
今、リング、リング2、らせん、リング0バースディ、劇場版すべてやっています。

この中でまだ「らせん」は観てなかったのです。

不要かもしれませんが簡単に作品について。
「リング」と「らせん」は同時公開。「らせん」はリングの続き。
しばらくして公開された「リング2」も「リング」の続きですが、「らせん」と同世界ではないようで、整合性が全く合いません。
私の記憶が確かならば、原作に近いのが「らせん」、「リング2」は公募したシナリオに基づいたものだとか。(気になる方は検索で調べてみてください)
「リング0バースディ」はさらにその後の公開です。「リング」より前の貞子誕生編といったところです。

さて、偏狭な私の私見ですが、
10段階評価で
「リング」6
「リング2」3
「らせん」5
「リング0」7
といったところです。
はやった割に評価が低いですが、あまり好きではないのです‥。
「リング」の出来はいいと思いますが、驚かせる幽霊ものはどうも苦手でして。しかし、よくできてはいます。
「リング2」は最期のほうはもうなんだかチャチに感じてしまったのです。
「らせん」は、最初のグロなど魅せられたのですが、全体としてはこれって「パラサイトイブ?」という感じで説得力を感じませんでした。
「リング0」はキャリーっぽくて良かったです。
単に、好きな映画に似てたら面白いのかという、ひどい私見です。

ついでに
「死国」3 出だし映像美は魅せるんですが‥。
「仄暗い水の底から」3 最期変に凝らなくても‥。
「着信アリ」2 売れれば何でもいいから作ったという印象が強いです。

なんだか日本のホラーが好きでないのかも‥。

思い出せる良かったものを適当に書くと
「バトルヒーター」7 エンタメに徹した佳作良品
「ラストフランケンシュタイン」 8 シュールでクール。
「女優霊」6 純粋に幽霊映画の良品
「震える舌」9 ホラーを恐怖と訳すならこれが一番恐怖を感じた。



posted by 暗黒工房 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画等、動画感想

2006年05月03日

ようやくCGIテスト

昨日の続きです。

ノートの方にapacheが入っていなかったので
http://park8.wakwak.com/~ein/dbserver.html
を参考にインストール。合わせて、perl、ssh、proftpdもインストール
コマンドラインからやりました。
apt-get installでOK。楽でした。


apacheの設定、CGIの設定、ProFTPDの設定
http://www.miloweb.net/
など参考にさせていただきました。
webminの便利さを実感できます。

ここまで出来たら、ずいぶん目標に近くなりました。
windowsからFTPソフトで転送できるのですから。

さて、CGIの動作確認です。
テストに使ったのはi-mode用血まみれ連想遊戯のスクリプトにしました。
単純でファイルも少ないので。

とりあえず、いつものレンタルサーバーと同じように設置してみます。
あ、perlのバスが#!/usr/bin/perlなので、要注意。
まずは、動きませんでした。
ログのパーミッションを666、cgiとplを755にしてみます。

動きました。
しかし、「個別機種番号を送信してください」のエラー
これはi-mode悪戯対策を入れていたから‥。つまり動いています。
その行をコメントアウトして再チャレンジ。
サーバーエラーです‥。

もう一度見直します。
httpd.confの設定で.plをCGIとして実行するという設定が無いから、
jcode.plを使うところでエラーがでたのかと思いつき、訂正しました。
しかし駄目でした。

もう何も思いつかなくなったので、虱潰しにどの行でエラーが出るのかを
探します。
いきついたのは、form.htmlの書き換えでした。
で、form.htmlのパーミッションを666にしたところ動きました。

解決解決としたいところですが‥。

htmlを全部666は面倒かつ(もし公開するときにも)危険です。
特に、私はhtmlファイル書き換えが大好きですので。
連想小説もグロ詩もhtml出力で負荷減少をしています。

logファイル等もできれば600、せめて644で動いてほしいものです。
というわけで、また先があるのでした。
つづく。

posted by 暗黒工房 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | CGI

2006年05月02日

webmin続き

先月の終わりに、このブログの記事カテゴリわけをしてみたのですが、
CGIテストのためとはいえ、Linux関連がCGIというのは、なんだか変な気がします。そのうち直そう‥。
先日webminのインストールまでは済ませたのですが、その続きです。
http://ankokukoubou.sblo.jp/article/624022.html

windowsマシンからwebminでLinuxマシンを操作するためには、
まず、Linuxマシンからwebminの設定をしなければなりません。

192.160.0.2がwindowマシンのローカルipだとすると、そのipをアクセス許可としなければならないのです。

とりあえず、GUIのほうは簡単にできます。モジラでwebminを立ち上げて適当に押してやればよいですし、多くのサイトで解説してあります。

コマンドでやらなければならないノートのほうが大変でした。
http://nice.kaze.com/webmin.html
こちらのサイトのおかげで何とかなりました。
viで、/etc/webmin/miniserv.conf
を編集です。
とりあえず上のサイトと同じように打ってローカルすべて許可にしておいてからwebminにwindowsでログインしてからGUIでいくらでも変更できます。


と、ここでというか書き忘れですが
先日ルータのIPを変更してからLINUXではネットにつなげなくなってしまいました。
その日はDHCPが残っていてつながっってたようです。
バイオ側はGUIですから適当にhttp://www.a-yu.com/net/network03.html
このあたりを見ながら何とかなりました。

ノートのほうは、なかなか探すのに苦労しましたが、
http://chronoflyer.ddo.jp/doc/vine.shtml
を参考にさせていただいてうまくいきました。
eth0しかなかったので、上のサイト様のeth1の設定を参考になんとかなりました。ありがたや。

さて、そしてwindowsのIEからwebminが開きました。
バイオのほうは何の問題も無いです。Apacheでindex.htmlが開きます。
しかし、ノートのほうはなんと、Apacheが存在しない‥。
最小インストールってApache入ってないんですか‥。

つづく
posted by 暗黒工房 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | CGI

2006年05月01日

今年最初のヤツが来た

今日はまるで初夏のように、暑く湿気があってムシムシした一日でした。
ムシムシです。
モシモシではありません。
モシモシのほうは簡単に設定が終わりました。(昨日書いたIP電話のこと)

ゴキのことではありません。
ムカデです。

数年前に山の近くに引越しをして以来、毎年家にムカデがでます。
私はそれまで本当の愛を知りませんでした。
間違えました。
私はそれまで本当のムカデを知りませんでした。
素材にムカデがありますが、あれはゲジゲジにすぎません。

あの大きさ、気味悪さ、攻撃力、生命力、戦闘気質。
日本の虫ではトップではないかと思います。
ゴキは痛くないですので。

毎年10匹近くも出るので、去年、徹底的に対策をしようと、家中をテープで目張りをしました。タタミをはぐってみたら隙間だらけで、サッシの間もゆがみあり。
そのおかげで去年、対策以降は1匹もあらわれませんでした。

ですが、今日は台所にでました。中型です。
台所から浴室は目張りが無理な箇所があるので仕方ないかもしれません。
去年までは居間兼寝室に出ていたのです。ですので、まだ目張りは有効と思いたい‥。

<お得情報>
ムカデ対処方法
■用意するもの
1 手袋(皮が望ましい、軍手は心もとない)
2 火バサミの類(私は昔のオーブンレンジについていた小さ目の金属つかみを使っています)
3 カップ1杯の熱湯(私は古いおわんを専用にしています)

■行動
1 火バサミでムカデをつかむ
2 熱湯に入れ十数秒まつ

これが一番楽です。
最初のころは、殺虫剤、丸めた雑誌、足(スリッパは履いて)、菜ばし、角材などいろいろ試しましたが、火バサミが一番楽です。案外楽に捕まえられます。
熱湯は薬より遥かに効果があります。ポット倹約の温度(85度くらい?)で充分です。
うちはネコがいるのであまり薬を使いたくないですし。

余談ですが、先日病院に連れて行った猫は別名ムカデセンサーでして、去年まで8割以上彼女が早期発見してくれました。探してもいなかったとき、もしやと思い畳をはぐったら見事居ました。
そんな彼女は老いが進んで、たぶんもう見つけられそうに無いです。



今日の内容は、ムカデの素材のコメントにコピペで使えそうですね。
近いうちに真ムカデ素材を描くことにします。




posted by 暗黒工房 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記