2006年06月30日

小橋建太が腎腫瘍摘出手術

題名の通りプロレスリング・ノアの小橋建太選手が腎腫瘍摘出手術を受けることになりました。
悪性の可能性もあるとのこと。

ホラーと全く関係ないですが、この人はエンターティナーとして、人間として非常に尊敬できる、いや尊敬せずにはいられない人物ですので、つい書いてしまいました。

現在、プロレス全体が人気が落ちてしまっていて、小橋選手をご存じない方も多いと思います。
とにかく真正直な人物で、ファンを大切にして、試合を大切にして、味方も相手も大切にします。バカみたいにまっすぐです。というか、バカです。
プロレスは八百長で、他の格闘技のほうが面白いという意見をよく目にしますが、自分だけでなく相手も光らせて客も光らせるというのはプロレスならではの良さだと思います。

wiki 小橋建太
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%A9%8B%E5%BB%BA%E5%A4%AA

きっと病を克服してくれると信じています。
posted by 暗黒工房 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月28日

リブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!

という映画が来月、レイトショーで公開されるそうです。
チャールズ・マンソンによるシャロン・テート殺人事件をパペットで再現した作品です。
マンソンはマリリンマンソンの芸名のもとネタで、マーダーケースブックやらFBI心理分析官レスラー氏の本でも大きく取り上げられていたカリスマ的殺人者です。実写ではなくて人形なのでソフィストケート効果があるでしょうが、日本で言えばオウムとかソノあたりに近い事件なのでちょっと不謹慎な気もします。
しかし、私の一番好きな「悪魔のいけにえ」も一応実話を元に(ダーマーの事件だったか‥あまり似てないですが)したものなので、さほど気にすべきところではないかもしれませんね。

パペットものだと、ナイトメアビフォアクリスマスが一番有名どころだと思いますが、ソフィスティケイトする必要も無くとことんソフトなので、もっとハードな内容のほうがパペット向きかもしれません。
最近はやたらにR15、R18がつきますので‥。

実写でシャロン・テート殺人事件を忠実に再現したらR18つきそうですね‥。
さて、このリブ・フリーキー!ダイ・フリーキー!はR15指定です。
どれだけの内容なのでしょうか。

公式http://www.livefreaky.com/

アーシアアルジェント(ダリオ監督の娘)とグリーンディの人が声優をやっています。(ウエーーオーーーーーーオーーーウェイオーの人?)
posted by 暗黒工房 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月26日

カタカナフォント「オバケ」配布開始

カタカナフォントのオバケを配布開始しました。
しかし、1ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
こんなはずじゃなかったのに‥。
素材はいくつかあがっているのですが、並べるのが面倒で‥。
フォントもいくつかあるのですが‥。
計画中のものが1つも進まない‥。
まあ無理せず行きます。

カタカナフォントって昔のは半角英数の直接入力で1つのキーで1文字、例えば「a」を打つと「ち」がでるというのがメインだったそうです。
今でもグレイなどの古参サイトのフォントは大抵この入力のようです。
というのを、最近はじめてしりました。
この「オバケ」フォントをN氏に試してもらったときに教えてもらったのです。そんな入力方法を思いもしなかったので、話の意味をつかむまでずいぶんかかりました。

他人のパソコンを触るときに偶にカナ入力だったりするととたんに何も打てなくなってしまいます‥。




posted by 暗黒工房 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 素材

2006年06月20日

近況

時の経つのは速く
すでに夏になってしまいました。
ここの更新も10日ぶり。サイトのほうは20日。

なんだかトラックバックスパムがポンポンと来たので承認式にしました。
というか普通のトラックバックもないので、無しにしてもいいのかもしれませんが‥。

もそもそと、やってます。
素材は手の新作をいくつか製作中です。チャットのコマンドに使えるようなのを考えてます。兼用は合理的です。というか使いまわしが多すぎですか。

グロ詩のほうの管理もしていますが、とりたたて目だったことはありません。ずいぶん削除件数が減りました。

フォントのカナ、絵文字がファイルは用意できてますが、ページを作らずずるずるです。やりだせば1日もかからないだろうけど、つい伸ばしてしまいます。

チャットのコマンドネタを考えるのですが今ひとつピンときません。ネタは浮かぶときには次々とくるのですけど、今は波に乗れないようです。
ときどき思いついたことはメモにとってますけど、実際使うのは三分の一以下です。


家のゴキムカさんたちですが、風呂あたりにムカ2匹。ゴキ2匹です。その後。勝手口やら排水溝の目止めを強化したところ1週間以上平和です。
世界人類と我が家が平和でありますように。


posted by 暗黒工房 at 01:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月09日

フォントダウンロード感謝!

日本語ホラーフォント「怨霊フォント」が初登場で12位にランクイン
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/060606/n060606rank_week_win.html

カテゴリー別ランキング Windows
文書作成1位
http://www.vector.co.jp/vpack/ranking/category/win/writing/index.html

一時的なこととはいえ、星の数ほどあるソフトの中で
拙作がここまでくるとは夢にも思っていませんでした。
上下有名ソフトだらけです‥。

ダウンロードしてくださった皆さんありがとうございます。
これで思い残すことなくポックリと



これからも頑張ります。


posted by 暗黒工房 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2006年06月06日

ひっそり彼の誕生日

6が3つ並び、リメイクもされた今年ですが、
暗黒工房では小さく記念画像をトップページからリンクしました。
地味地味です。

やっつけで過去の画像の加工です。
明日ははずしてしまいましょう。
posted by 暗黒工房 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月04日

「チャット」「窓の杜」その後

前回記事のチャットのほうは、なんとか収まったみたいです。
常連さんをアクセス禁止にはしたくなかったので良かったです。
マナー記述は効いたか効いてないか分かりません。
しかし、以降のひとつの基準になってくれればよいのですが。


前々回記事の「窓の杜」は、かなりアクセスがありました。
通常の3倍以上のPVでした。
今、サーバーログが見れるのでCGIのアクセス解析はおいていません。
アクセス解析はもともとアラシ対策の一環でしたが、今は掲示板ないですし。
サーバーログも一応保存してますが、見るのが大変なのでめったにみないです。今回のPVは広告の表示数からの判断です。
フォントファイル置き場をベクターにしておいて良かったです。
2.5MBが数千‥。恐ろしい負荷になったでしょう‥。



posted by 暗黒工房 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2006年06月03日

チャットマナー

チャットのほうで、モメゴトが起こっています。

とりあえず、私のほうでログチェックをしたところ
新しく来てくださった方を、常連さんが嵐ととらえて揉めているのです。
言葉になっていない書き込みが1つあったくらいで、とくに問題無さそうなんですが‥。なんだか数名の常連さんが頭にきてまだおさまっていないようです。
それで、昨日の時点で「マナー」の記述をしてリンクを張っていたのですが
誰も気づいてくれなかったようです‥。
ですので、[マナー]と少し目立つようにリンクを張ってみました。
明日それで収まるといいのですが‥。
http://cgi36.plala.or.jp/~subspace/chat/manner.html

今、チャットのほう小中学生の方が多いようです。
昔からしたら信じられないですが‥。
遠慮なく普通書いている文章で書いてますが通じるのだろうか‥。
おっさんである私としてはローティーンの女の子が何を考えているか、さっぱり想像もつきません‥。合わせることも出来ないので、すべて同じ言葉で接するようになっています。
しかし、若いゆえの可塑性に期待しています。
自分、可塑なんて言葉、中学校のとき知ってかな‥。

とにかくあまりに収まらなかったら、
数人様、書込み禁止にせざるおえません。

posted by 暗黒工房 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2006年06月01日

「怨霊」が、「窓の杜」に紹介されました。

http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/06/01/onryou.html

「窓の杜」に紹介して頂いたのは初めてなので、とてもうれしいです。
漢字は大変だったのですが、作ってよかったです。

しばらくの間、悪いこと続きでしたが
本当にひさびさのいいことで、やはり少しでも匍匐前進でも前に進んでいくべきだなあと思いました。
posted by 暗黒工房 at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記