2006年07月27日

グロ詩やや荒れ気味です

セッション3は、落ち着いて楽が出来ていたのですが、
この数日でずいぶん荒れ気味になってました。

レスのほうで誹謗中傷、成りすまし(IP表示してるのに‥)があったのですが
気づくのが遅れて数日放置になってしまいました。
レス側は管理ページから全チェックしにくいのです。
見落としがありそうなので、ログを直接エディタからチェックしました。
その間10分ほど、アクセスを制限させていただきました。
新規投稿があると、上書き消去になってしまいますから。

CGIを次にいじるときに管理ページからレス一括チェック機能を付けたいところです。最悪の場合、こちらがチェックしたレスのみが表示されるという形にすることもできるように改造すれば心強いかもしれません。

しかし、削除は相変わらず迷い迷いです。
微妙なところが多くて。

とにかく上手い下手は削除の基準に入れません。下手でも一生懸命書けばそれでいいのです。プロ養成コンテストではないのです。
だんだん上手くなる作者様も多いですし。

内容の倫理性は以前から何度も書いていますので、ここでは割愛します。

「グロ詩」でないものについては、まずグロくないホラーでない作品はOKという方向です。グロの定義もそれぞれです。あまりに意図的にホラー要素でない作品が大量投稿されれば規制するかもしれませんが、基本的に問題にしません。
「詩」でないものについてですが「詩」とは何処までが詩なのか定義を見直す気はありません。小説に近いものも許容する方向です。

セッション2の「サッカー」という作品がちょうど許容の限界点です。
ちょうどいい感じに「詩」であるかどうか疑問で、「グロ」でなく、連続投稿でもなく。ただどういう方向で見ても私には理解不能ですが。

中傷については厳しくしたいものです。
ただ厳しければそれでよいというものでもなく改善されれば許すべきだとも思っています。つい言い過ぎるとかキレてしまうって、誰でもあることでしょうし。
しかしチャットでもめたのを詩には持ち込んでほしくはないと思っています。

今日、レス荒らしを消去した後に、1点詩を消しました。
ご本人は良かれと思った警告のつもりの詩なのでしょうが、あれではご本人が意図した以外の多くの人が不快感を抱く可能性が高いです。
できれば自分の気に入らない作品があってもスルーして
本当に良い作品を投稿することで場を良くしてくれたらと願います。


拍手がここ数日でまたすごいポイントになってしまいました。
拍手自体は、レスを付けることが憚られる私でも気軽に押せるので必要ですが、多い順のランキング表示は不要かもしれません。もしくはもっと下のほうにおくとか。
やっぱりGETで簡易的に連続制限してもあまり意味無さそうですね。
WEB上にランキングサイトなどたくさんありますけど、どこも不正順位上げだらけですから‥。




posted by 暗黒工房 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2006年07月26日

感性はとまっている

先日書いたクイーンコングの感想で
http://ankokukoubou.sblo.jp/article/928304.html

>感想をいくつか読むと、ギャグが古すぎるという意見が目立ちました。
>やはり自分の感性は古いのかなと思ったのですが、どうやら、それらの感想
>は吹き替え版のことのようで、吹き替え版は当時の世相、時代を反映したア
>ドリブギャグが多々入っているようです。ギャオでやってるのは字幕版で
>す。

と記していたのですが、他の人の感想を読むとどうも、
吹き替え云々の問題ではなくて、
私の感覚が古いだけのような気がしました。

同じくギャオでやってる「アルツハイム」というギャグアニメを観ようとしたのですが最初の5分で耐えられなくなって止めてしまいました。
どうも私の古い感覚では理解できないようです。
シュール系のようなのですけど、私には笑えませんでした。

シュールリアリズムに関して許容度が高いほうだと思っていたのですが、どうも私の思うシュールリアリズムと今のシュールギャグとは随分距離が開いてしまっているのです。
「ダリ」「つげ義春」「吉田戦車」「じみへん」‥このあたりは大好きなのですが、あくまで私が見た限りでは今のシュールギャグは「類型的をギャグにする」ではなくて「類型的なギャグ」になってしまっていると感じます。

「アルツハイム」の作者の方には失礼な書き方になってしまっていますが、単に感性の古いオッサンのたわごとです。そもそも途中で観るのをやめてますので批判にもなってない勝手な意見です。


それにしても、自分の好きな映画とか服装とか音楽とか、すべて静止しているような気がします。
流行に疎すぎます。
特に音楽のほうは20年前からほとんど変わっていないです。


http://www.falco.bkl.at/index.asp?lg=EN&sid=51
15番目のロックミーアマデウスをエンドレスで聴きながら。
posted by 暗黒工房 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画等、動画感想

2006年07月20日

大雨

私の住んでいる市は大雨で大変なことになっています。
我が家は少し高いところにあるので無事ですが、
水位の低い地域は道路が川になってます。
明日も雨のようですが、床上被害が増えないといいのですが‥。


サイトのほうですが、連想小説の漂流ものを再開させようかと練っていたのですけど、さっぱりノリません。どうも心が離れてしまっているのか‥。
食料をさがしたりするサバイバル系は好きです。
マタンゴのような感じになったり蝿の王のようになれば面白そうなのですが、どうもバトルロワイヤル系かつ死んで生きて復活アリになるのが予想されてしまいます。


とりあえず、トップとグロ詩の広告を付け加える。余裕があれば広告なんてはずしたいのですけど、余裕は無しなのです。
しかし広告の文面で「LDE」とあるけど「LED」の間違いなのでは‥。勝手に直すわけにはいかず。

グロ詩のほう久々に書き込み制限をいれました。削除した作品の再投稿です。制限をしたくなくて、2回目まで削除したのですが、3回目の同じ作品の投稿がありました。残念です。
このあたり、CGIを改造して一度削除したIP等にプレビュー時に大きく警告とかしたらいいのかなあと思ったりします。ですが、やや大掛かりで負荷の大きい改造ですので躊躇します。


素材の原版は建物系のものを描いています。もうすぐ出せるはずです。週末には並べたいところです。
posted by 暗黒工房 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月16日

「時をかける少女」を観る

また映画。しかもホラーでなくてすみせん。

http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00095/v00213/
ヤフー動画で「時をかける少女」
何と23年ぶりに観る。公開当時劇場で観たのです。
当時はビデオデッキさえ家庭には今一普及してなかったりする時代。
このころは有り金ほとんど映画代に使ってました。角川が元気で、またスピルバーグやルーカスも熱かった。


大林監督の尾道三部作の中では最低の出来のような気がする。
いろいろ都合があるのだろうが、アイドル映画色が強くなってしまっている。
さらに原田知世の演技が‥この人は嫌いではないのだが、つい噴き出してしまうシーンがいくつもあった。。
使いどころの難しい不思議な人であろう。
しかし年をとらない人ですね。劇中で成長したシーンがあるのだが、今と変わりません。

松任谷夫婦の音楽。大林監督のレトロティックな情景描写。
これは流石に魅せます。
しかし如何せん主役のカップルの演技とセリフが、つらいです。
尾美としのりはすばらしく演技がうまい分、差が目立ってしまいます。
初々しくはあるのですが‥。

一般知名度では大林監督の作品の中でも上位、原田知世の代表作、筒井康隆の作品でもっとも一般知名度が高い。
(筒井氏本人が強烈なパロにしています)
しかし映画の出来には、やや問題ありと思いました。

私的評価 10段階の6
出来はよくないが、しかし光るところもアリ、一見の価値はある。

配信動画の画質が悪くやたら暗かったです‥。綺麗ならもうちょっと印象よかったかもしれません。
posted by 暗黒工房 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画等、動画感想

2006年07月09日

グロ詩セッション移行完了

夕方に用事があったので、お昼のうちにグロ詩のセッション移行を完了させました。
昨日、ある程度用意を済ませていたので、30分くらいですみました。

しかし、移行が早いとセッション2の最後のほうのご投稿ってすぐ旧セッションになって損をさせてしまっているような‥。
でもそれからずっとセッションインデックスの上部にあるのでいいのかなあとも‥。ちょっと迷うところですが、とりあえず何もしないでおこう‥。

まだ直していない小バグがあります。存在しない作者名でリスト表示をすると、セッション最初の作者リストリンクが表示されるというものです。
例えば、現セッションの「●●さんの作品一覧」リンクを押して、そのページ下部の「セッション1の●●さんの作品一覧」を押したとき●●さんの作品がセッション1に無ければ、セッション1の最初の作者である「ららさんの作品一覧」のリンクが現れてしまうのです。
直せばすぐでしょうが、今頭がCGI脳でないのです‥。回転が遅くて困ります。

グロ詩と関係ないですが、チャットでも前にバグがありました。ある特殊条件で退室するとログがずれて破壊されてしまうというひどいバグでした。とりあえず封じてありますが根本的な修正はしてません。

CGI配布もしてみたいなあと思っているのですが、ご都合で無理やりみたいな部分を見られてしまいそうですし、バグがあると免責条件を書いていても、ほっておけないだろうし‥。時間とられそうなので、先延ばしが続いています。
posted by 暗黒工房 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2006年07月07日

グロ詩 セッション2が終わりそうです

グロ詩のセッション2がもうすぐ1000に達しそうです。
トップページのグロ詩バナーの文字を「創作作品投稿」に変えてきました。
普段は「投稿受付中」ですが、セッション切り替え時には嘘になってしまいますので。細かいことですが気になるのです。

今回はそそくさとセッション切り替えが出来る予定です。
それでも作業に数時間はかかるかもしれません。
まだ手動ですので。
できればCGI組みなおして全自動にしたいのですが‥。
数ヶ月に1回くらいの作業なので、それくらい手動でもいいのかも。ボケ防止にもなりますし。放置防止にもなるのか‥。

過去セッションの詩の優れたものを、いくつか目立たせたい気持ちもあるのですが、最低限の削除以外に、私が選ぶという主観の干渉は無いほうがいいのかなあとも思ってます。拍手数表示もありますし‥。ただ拍手数のほう、順位操作可能ですし、拍手があまりなくても埋もれた名作などもありましてもったいなく‥。
切り替えが済んでから考えることにしましょう。


余談ですが、
さくらインターネットとネプロがアメリカに新会社を作るそうで、
七夕に合わせて発表をしたのでしょうか。
さくらは広告だしたりサーバー借りたり、ネプロは素材契約したりと両方お世話になった会社でした。


posted by 暗黒工房 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2006年07月02日

クイーン・コング

ギャオで映画「クイーン・コング」(1976 イギリス)を観る。

『キング・コング』の女版パロディ。 封印されていた作品というふれこみです。

さて、何といったら‥。すごい作品でした。
最初の数分で3回噴きだしました。強烈です。
クドこってりしたギャグを連射してきます。ミュージカル仕立てです。歌詞がクールです。
イギリス人にもこんなにバカがいたんだなあと感心してしまいました。(良い意味で)

特撮シーンのほうは話にならないくらいお粗末です。この時代の洋物はハウゼンの流れでストップーモーションアニメが多いのですが、これは、日本怪獣ものと同じく被り物でした。レベルは天地の差ですけど。

コングの大活躍よりも、女監督とマリファナ男のコントがメインのような印象でした。中盤さすがにくだらないギャグを食べ飽きてきましたが、それでもラストの方はそれなりに盛り上がり謎のどんでん返しありで楽しめました。ビキニの女性がたくさん出ますが性的にエグくない表現なので好感が持てます。

この映画、ダメな人には全然ダメだと思います。
最初の3分で判断してください。
そこでのれた人には、貴重な作品になるでしょう。

私の評価は10段階中7です。(序盤は10の予感がしました)
締めるべきところを、しっかり締めれば、「悪魔の毒毒モンスター」「ブレインデッド」級の名作になっていた可能性もあると思うのですが、締めてませんでした。「悪魔の毒毒モンスター2」が近いところかもしれません。このクイーン・コングの方がギャグがクールでしたけど。
この作品もピーター・ジャクソンがリメイクすれば最高なのに。(注)

まったく聞いたことの無かった作品だったので検索したところ、数年前になぜか日本で劇場公開されていて、DVDも発売されているんですね。
感想をいくつか読むと、ギャグが古すぎるという意見が目立ちました。
やはり自分の感性は古いのかなと思ったのですが、どうやら、それらの感想は吹き替え版のことのようで、吹き替え版は当時の世相、時代を反映したアドリブギャグが多々入っているようです。ギャオでやってるのは字幕版です。もちろん分からないギャグも入っていたのですが、英語も聞き取りやすく元が分かるギャグのほうが多かったです。あのホラー映画のパロも。

監督がフランク・アグラマという人なのですが、「ミイラ転生 」の監督なんですね。数年前ビデオでみたのですが、なかなかゾンビみたいなミイラがいかしてました。序盤のワイワイした撮影隊が似た雰囲気であります。こちらは一応、ホラーになってます。



(注)
ピーター・ジャクソンはブレインデッドの監督で、さらにリメイク版キングコングの監督です。





posted by 暗黒工房 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画等、動画感想

2006年07月01日

「ローマ数字」追加とフォントの記号について

素材にローマ数字を追加しました。
結局6月は素材の更新はできませんでした。

もうちょっと頑張らないといけませんね。

このローマ数字はタロットで使っていたものと、
新しくホラーっぽく赤いバリエーションを追加したものです。
追加分のフォントは「怨霊」です。

フォントでローマ数字は「記号」あつかいですが、記号ってどこまでフォント化したらよいか迷います。すごく数が多いのです。
(株)とかcmとか。最初に作ったフォントで「暗黒手書文字」という未公開フォントがあるのですが、バカ正直にすべての記号を作っています。漢字は無いですが。
そのフォントは、素の自分の字に近すぎて公開するのが恥ずかしいものです。
posted by 暗黒工房 at 00:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 素材