2006年10月28日

群発頭痛

どうやら最近の私の頭痛は
「群発頭痛」
http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E7%BE%A4%E7%99%BA%E9%A0%AD%E7%97%9B&lr=
というのと9割がた症状が同じようです。
あまりにも痛いので、てっきり何か大病かと怖がっていたのですが、
少し安心できました。

しかし、記述をよむとなかなか壮絶な痛さのようですね。と他人のことのように書いてしまいますが、wikiの記述だと
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%AD%E7%97%9B
「痛みは数ある頭痛の中でも群を抜き、お産などよりも痛いとされ、心筋梗塞、尿道結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされ、別名「自殺頭痛」とまで呼ばれている。」
壮絶です。

確かに症状がひどいときには、のた打ち回って、これが続くなら死んだほうが楽かなあとさえ思いますが、自分としては歯の神経を抜いたときのほうが瞬間的には痛かったような気がします。
逆に、この「群発頭痛」で、この程度なら、他の病気になってもなんとか耐えられるのかも。なりたくないですが‥。

医者に行っても薬の処方程度みたいなので、禁酒と鼻炎薬の裏技でなんとかしてみます。
昼に症状が出る人は大変でしょうね‥。まだ運がよかったです。


posted by 暗黒工房 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月24日

グロ詩にまた(加筆)

グロ詩にまた、注意事項が増えました。
増やしたくないのですが、増えていく。

素材の利用規定と同じです。
増やせば増やすほど希薄化していくが、増やさずにはいられない。


盗作への注意喚起と、「盗作の場合、盗作者を開示する」ということを書き添えました。
盗作が判明する場合、私自身で見つけたものは5分の1程度で、あとは他の方のご指摘です。
そして判明し場合、その盗作者の他の作品に盗作が無いか探すわけです。しかし探すといっても知らない作品は分からない。めぼしい単語で検索するだけです。
この方法は時間がかかる割りに効率が悪いです。出版物等は引っかかりませんし。
というわけで、結果的に「晒す」のには抵抗があるのですが、ハンドルネームは開示するということにしました。
ただ、このことをいままで告知していなかったので、明日以降です。
盗作禁止は以前からですといっても、後だしはいけないでしょう。


注意書きがくどくなるのは、本当にそれをやめてほしいからです。
違反した作者の方でも、よい作品も多々投稿してくださっているかたが多いのです。
盗作をすると、盗作ではない作品すら疑われてしまいます。

----------------------------------------------------
10月25日追記

いや、もう大変です。

1つはブログ内に同じ詩を発見。しかしそのブログ自体が、写真等、著作権関連にルーズそうなところだったので、投稿者ご本人に確認して、その言葉を信じてみることにします。信じたいです。

もう一つは、まごうかたなく盗作、唱歌から。悪気も無さそうですが、悪いものは悪いです。そのかたのもう1つだけあった投稿作品も同様に唱歌からの盗作。

今時分、こんなインターネットの個人サイトの1コーナーで盗作なんて、たいしたことはないのかもしれません。youtube、winnyなどインターネットのはやりものの多くが、著作権違反の魅力でなりあがったものである事実。
しかし、ダメはダメ。嫌は嫌。
忌み嫌われるホラーだからこそ、ちゃんとするところはちゃんとする。

正直、これだけ意識の低い人の割合が増えてくると、もう投稿という形は、私の主義では不可能ではないかと思えてきました。
すばらしい作品もたくさんあり、拙くても個性的なかけがえのない作品も多くあります。
でも、疑うのには疲れました。
上手い作品ほど疑ってしまう‥。なんとも残念なことです。
posted by 暗黒工房 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2006年10月21日

松本零士、槇原敬之、盗作問題への私見

お久しぶりです。
しばらく体調を崩して寝ていました。皆さんも気を付けてください。

さて、巷で話題の
「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」 <約束の場所
「時間は夢を裏切らない  夢も時間を裏切ってはならない」<999
ですが、私の基準だとこれは槇原氏が悪いように思えます。
前半1文だけなら微妙な線ですが、後半も併せると偶然とは確率的にいえないでしょう。単語、表現として良くある組み合わせとも思えません。

グロ詩で投稿されていたらアウトです。

ただ、意図的にやったのか無意識にやったのかは分かりません。
このフレーズをみんな知っているというようなニュアンスの松本氏の「彼が知らないわけがなく」というのはちょっと無理があるのではと思います。

アニメの999は、30代の人間ならまず知ってます。20代にとってのドラゴンボール、10代にとってのデスノートなみに知られているのではないかと思います。
しかし、マンガの999はそこまで読まれていないのではないかと‥。まして続編の中です。
私は1度この続編を最近読んだことがあったのですが、それでもなんとなく、このセリフがあったかなあとしか記憶にありませんでした。

ただ、だからといって盗作になってしまってよいわけではなく、もし意図的でなかったにしても、それなりの対応が必要なのではないのでしょうか。

たかがマンガの1セリフ。しかしこのフレーズはメインテーマでありコアの部分です。さらに「約束の場所」でもコアの部分です。

「たかが1セリフでパクリパクリいうな」という意見もネットには多いようですが、特殊なコアの部分で独自性のあるフレーズである以上、松本零士氏の言い分のほうに筋が通っているように思えます。
彼の作品が好きか嫌いか、優れているか優れていないか、思い上がっているかどうかは、関係ありません。

松本零士氏のほうも電話録音を撮っていなかったっぽいですので、荒立てたくはなかったのだと思います。ただ著作権関連ではずいぶん神経質になっているように思います。<ヤマトの件。

しかし、人生のうちで2度も、白い粉な人と著作権争いを経験するとは‥。
松本零士氏は、そういう星の下に生まれたのでしょうか。

「次の停車駅は惑星コピーライトドラッグ」

posted by 暗黒工房 at 21:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月01日

ベクターがウイルス感染

http://www.vector.co.jp/info/060927_2_system_maint.html
の報を土曜に読んだときは「さすがベクター念のためにチェックですか。」
と思ったのですが‥。
いやーまさかこういうことになっているとは‥。
http://www.vector.co.jp/info/060927_2_system_maint.html
これは大事件のように思います。

ベクターのウイルス騒ぎは以前にもいくつかあったのですが、小規模のもので、またベクター側の過失ではないと思われる内容でした。
例えば、ソフト作者が故意に新種のウイルスをしこんだり。

しかし今回の件は、明らかにベクター側に大きなミスがあります。
いくら免責の文面があってもこれはすみませんだけですむのだろうか‥。

感染したwindowsマシンで、サーバーと共有、そしてダウンロードファイルに感染。
ウイルスは亜種ですが、検出できるたぐいのものですし、とくに新手のセキュリティーホールをつくものではないようです。
感染力は小さく、しかし一度感染するとexeファイルをほとんど破壊しますのでダメージが大きいものです。

ベクターに関しては、かなり信頼しておりました。
少なくとも、1つのソフトでしかウイルスチェックを行なっていない私のマシンから、直接レンタルサーバーにアップするより、複数のチェックをプロフェッショナルが行なったベクターで配布されたほうが、安心できると思っておりました。

負荷軽減のこともあり、フォントとセーバーのほとんどをベクターサーバーからダウンロードという形にしていましたが、変えるべきかもしれません‥。
今回のウイルスは.exeのみに感染するタイプなので難を逃れましたが、.scrにも感染するタイプだってあるのです。


しかし、レンタルサーバーから感染する可能性だって0ではないわけで‥。
 linuxの管理されたレンタルサーバーから感染するかというと普通は0なのですが、今回のベクターだって、ダウンロードサーバーはWINではありません。それくらい今回の事件は私にとって「これはまさかないだろう」という驚きのケースなのです。


私のほうはセキュリティ対策として、アンチウイルスソフトだけにたよらず、ルーター、FW、そしてブラウザの設定を厳しくして(許可ずみサイト以外はアクティブXをoffなど)
さらに定期的にhijackthisのログをとってチェックしています。hijackthisに全くひっかからないウイルス、スパイウエアはまだ聞いたことがないので、これでようやく安心しています。
http://www.higaitaisaku.com/hijackthis.html
興味のある方はこのurlをご参照ください。
ただし、fixは分からない人はやらないでくださいね。
システムが壊れる可能性があります。
ログ取りだけなら分からなくても安全です。


---------------
ちょっと補足で、上記ページに記してあるようにRootkit(去年、外国のソニーCDにはいって話題になっていた‥)を利用したなど特殊ものはhijackthisでもチェックしきれないものもあるようです。


---------------
http://www.vector.co.jp/info/060927_system_maint_measure_vec.html
続報で対策がでてます。
2番目のWindows系ネットワークから隔離がポイントではないかと思います。今までしていなかったのかと‥。




posted by 暗黒工房 at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 運営