2007年04月08日

IDEをUSBに変換するケーブル

http://www.green-house.co.jp/products/storage/adapter/ide/index.html
を購入しました。

前からずっと欲しかったものです。
近所に売っていなくて、ちょうど通信販売のついでがあったので
購入しました。


といいましても、前欲しかったのは
http://www.century.co.jp/products/suto/cdiu2.html
の直刺しIDEというセンチュリーの製品です。

性能は同じようなものですが、グリーンハウスGH-USH-IDEのほうが安かったのです。

何がしたかったかというと、古いパソコンの内蔵ハードディスクをバックアップ用に活用したかったのです。
もちろん、HDケースのほうが一般的ですが、このケーブルですと、
2.5(ノート用)も3.5(ディスクトップ)も使えるのです。
さらに、IDE機器であれば、DVDドライブ等もつけることが出来ます。

「内蔵させてしまえば、こんなものイラン。」と思われた方もあるでしょうけど、
普段から2つHDを付けていると消費電力がかなり上がります。さらに発熱量も、動作音も上がります。
収入も上がってくれればいいのですが、上がりません。


さて、実際使ってみた使用感、トラブルなどメモしておきます。

ドライバCDなどなく、説明書も小さなメモ書き程度です。
これは簡単だ、と早速つけてみました。

WINDOWS XPがドライバを探します。
しかし、失敗しましたとメッセージが‥。
その後、デバイスマネージャ(マイコンピュータ→システム→ハードウエア)で
USBコントローラをチェックしてみますが、認識していません。

付け直したり、電源を入れなおしたり、再起動するもダメでした。
最初と違うHDを繋いでみるもまたダメ。

MEではどうだろうと、繋いでみたところ、こちらも失敗。
ただ、デバイスマネージャでは「!」つきで(正しくドライバが入っていないの表示)一応認識されています。
開いたりはできません。

ちょろちょろと検索して調べますがその日は時間なくあきらめてしまいました。


今日、試してみたところ上手くいきました。
原因として1つ目はACアダプタがしっかりささっていなかったことのようです。
しっかり刺したつもりでしたが、動かしているうちにポロっと外れてしまいました。
付け直したところ動きました。
一応ハードディスクは元気に回っているようでも、付け方が甘いと電力不足になるようです。

それで、もう1台のハードディスクをつけてみたのですが、それは認識されませんでした。
いろいろ試したところ、ジャンパ(HDDの切り替えスイッチ)を変えたら上手くいきました。
説明書には「マスターにせよ」とだけあったのですが、モノによっては違う場合もあるようで
認識しないときには、すべて試してみるとよいようです。



さて、認識後ですが、そのまま普通に内蔵ハードディスクと同じように使えます。
マイコンピュータをみるとドライブレターが自動的に割り振られています。

さて、私の場合、WINDOWS 95で使っていたHDでしたので、パーティションが2GB区切りです。
(95のファイルシステム(FAT)は2GBまで)
気持ち悪いほどドライブアイコンだらけです。
これじゃあ、せっかく容量が増えても意味がありません。

パーティションを無くしてフォーマットしてしまいます。
その前に、もし消したくないファイルが古いHDにあるようなら、
内蔵HDがわのCやDドライブにコピーしてしまいましょう。

まず、XPの場合、「ディスクの管理」を起動します。
スタート→ファイル名を指定して実行→ diskmgmt.msc と入力して実行。

下段にディスク0、ディスク1、ディスク2
と表示されてそれぞれ、パーティションの状態も表示されます。
ディスク0は内蔵HDなので絶対いじらないで。
お目当てのディスクは、おそらくディスク2ですが、ちゃんと確認してください。
削除したいのパーティションの上で右クリック→論理ドライブの削除。
これを繰り返して、不要なパーティションを消しましょう。

これで、次に
スタート→マイコンピュータの上で右クリック→管理
からコンピュータの管理を出します。
ディスクの管理を選びます。
右下にディスクが表示されますので、
お目当てのディスク2の上で右クリック、フォーマットを選びます。
しつこいですが、間違えて別のドライブをフォーマットしないように‥。

フォーマットはいろいろダイアログにしたがっていけばいいです。
ただ、ファイルシステムは、FAT32がいいでしょう。
(MEや98でも読めるようにするために)


以上です。


フォーマットしたHDはMAC OS Xでも問題なく読みました。
十ギガのデータ移動もできて安心です。

机の上で基盤丸出しに働くハードディスクは観ていて気持ちがいいです。


さて、久々機械系のネタでした。
なぜこんなことを書くのかというと、自分が忘れたときのためです。
もう、歳で、数ヶ月経つとすぐ忘れてしまいます。

あと、偶には検索してきた人の役にも立つかもしれませんし。
posted by 暗黒工房 at 22:55| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
有用な情報大変参考になりました、有難う御座いました
Posted by jinsan8955 at 2007年06月01日 13:38
ああ、役に立ったのですね!良かったです。

ちなみに3ヶ月も経たず、本人は見事に忘れてしまっていました‥。
Posted by 暗黒工房 at 2007年06月30日 18:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: