2007年02月25日

悶絶サイト?プレイボーイ掲載

猫の死んだ日に入れた、グロ詩のほうのお願いレスが
ちょっときつい言葉になったのではないかと気になりました。
んー。どうなのでしょう‥。気を付けて書いたのですが‥。


さて、気を取り直して、悶絶です。

明日発売の週刊プレイボーイの悶絶ヤミツキサイトというコーナーに掲載されます。
数行ではなく、インタビューをうけての割としっかりした記事です。

インタビューを受けたのは随分前だったので、ボツだったのかと思っていたら、このまえ載ると、連絡を受けました。

雑誌には、かなり酷い目にあっているので、(ピ○とか)
最初はお断りに近いような条件つきの返信をしたのですが、
ライターのかたが、しっかりした人みたいで、掲載前にチェックさせてくれるということで、OKしたものです。

週刊プレイボーイについては、長い間手にしていないのですが、
昔、編集のコミネタカオ氏のオールナイトニッポンが好きで、
いつも聞いていたので親しみがあったというのもあります。
(当時、タケシ、中島みゆき、サザンなど錚々たるメンバーの中で何故か一番好きだったのです。)


で、せっかく雑誌のインタビューなので、サイトに書いていることだけではつまらないだろうということもあり、
また「サイトをやっていて体験した怖かったことは?」と聞かれたので、
ちょっと微妙な、サイト内では書かなかった事件のことを答えたのです。
私も暗黒工房サイト自身も直接かかわらないとしても、
刑事事件に関わることなので慎重に言葉とニュアンスを選びました。

あくまで、1つの怖かったこととして、誰にも言わずにいたことを吐き出したかったというのもありました。(怖かったことは3つ答えました)


そして、見せてもらった記事の原稿の中で、
なんと見出しと、最後がその事件のことになっていたのです。

やはり、娯楽雑誌なので、インパクトのあることを前に出すのだなあ‥ということでした。ライター様は、プロフェッシナルですので当然といえば当然です。
私の認識が甘かっただけです。

結局、とにかく見出しだけは変更してもらいました。
訂正の時間があまりなかったのと、その事件について答えたのは自分なので、最後の記述はそのままにしました。
チェックなしだったら随分不本意になっていたところでした。(自己責任です)
ライター様。我侭通させていただき申し訳ありませんでした。



記事と事件について具体的に書かないので、よく分からない文章になりまして失礼しました。

■教訓
皆さん、もし何かのインタビューを受けることがありましたら
掲載前に必ずチェックさせてもらう条件は付けましょう!











posted by 暗黒工房 at 23:07| Comment(6) | 運営

2007年02月18日

瀕死の猫と

http://ankokukoubou.sblo.jp/article/629942.html
去年のムカデ記事のところでも登場した猫が
いよいよ死にそうです。

もう老齢ですので回復は難しいでしょう。
流動食を流し込んでも吐いてしまう状態ですので、時間の問題のようです。

覚悟しないといけないのですが、覚悟しようと考えれば考えるほど
覚悟から遠いところに意識が行ってしまいます。

野良の子どもで、最初のころは野生生活を送っていたので
そのころいろいろ病気になり、それが歳をとり進行したようです。
今では完全に家飼ですけど、感染すると治り切れないものなのですね。


点滴の延命は、前の猫のときにやりました。
入院して、ボロボロになって帰ってきて‥。
補液を繰り返すと、吸収しきれずに、皮と肉の間に液が溢れ、
それが破れてしまう。

もう歳なので、このまま家で最後まで見取ってやろうと思っています。

---------------------------------------------
2月21日追記

いよいよという感じでしたので
今日は仕事をキャンセルして家にずっとおりました。

そして先ほど息を引き取りました。
かなり苦しんでかわいそうでしたが、ようやく楽になれました。

苦しんでも生き続ける。
月並みな表現ですが
命とは凄いなあと痛感しました。









posted by 暗黒工房 at 21:24| Comment(5) | 日記

2007年02月13日

2月はニゴル 3月はサス

あっという間に2月も半ばです。

私のほうは急に忙しくなってしまって、バタバタと小腸を引きずりながら墓場を徘徊しております。
嘘です。単に忙しいだけです。

机仕事を続けていると、肩と首が濁った血液がよどんだ様な感触になって
たまらなくなってきます。
きっとこのままでは、3月には針で刺されたような痛みに変わるのではないかと、恐れおののいております。

細かい出来事はありますが、書く時間もなく逃げます。
ではまた。
posted by 暗黒工房 at 22:15| Comment(0) | 日記

2007年02月03日

スパム、トラックバック、相互リンク

このブログにもコメントスパムがたくさん入ったので、
何か対策をということで、思いきって「http:」を禁止ワードにしてしまいました。
基本的にスパムはurl誘導ばかりなので、これでOKではないかと思います。
雑談には特に不自由しないでしょうから。(もともとさほどコメントも無いですので‥)
この禁止ワードはトラックバックと共有しているのだろうか‥。
していたら、トラックバックurlの「http:」がすべてはじかれるのかも‥。
まあ、ほとんどトラックバックもないし、無くしてもいいくらいだから気にしないことにします。

トラックバックというのは、「記事にリンクしたことを知らせる」機能の事だったんですね。先日はじめて知りました。
つまり、記事にリンクを張っていないのにトラックバックを送るのは
思いっきりマナー違反なんですね。
安心して、これまでのトラックバックをほとんど削除してしまいました。

アフリはこの暗黒工房サイトもペタペタ張っていますし、否定しないですが、何のメリット共有もなしに人のページからリンクを張らせるというのはおかしいと思うのです。
本コンテンツがアフリ直結の記事などは、正直萎えます。(否定はしないですが、読まなくなるし信じなくなる)

と書きつつ未来の自分に自信が無いので、あまりきつく書かないでおきましょう‥。


トラックバックは「簡易相互リンク」というものでしょうか。
というか、相互リンク。
ほとんど死語に近くなってます‥。

相互リンク。苦労しました。相互リンク。
意地になって毎日毎日相互リンク申し込みに対応しておりました。
やめてすっきりしました。
しかし、やめたからと言って、それまでの相互リンクを無かったことにするのってサギです。最低でもやめたことを告知してすべての相互リンク先に連絡をするべきです。
それは無理なので、新規受付停止。それまでのものは維持するというようにしてまいりました。
たまにurl、タイトル変更がないかチェックしています。見失った場合は検索をかけて探すこともしました。
正直興味のない内容のサイトもずいぶんあったのですが(私の趣味興味は異常に狭いのです)相互リンクをすると書いて、相互リンクをしたのですから当然でしょう。
しかし、まあ、相手方のほうはあまりそのような考えの方は少ないようで‥。一方的に切るかたも多いです。そこから人が来るかどうかというより、誠意の問題で非常に嫌な感じがします‥。
もちろん凄く丁寧で、URLの変更もいつの間にかしてくださってるサイトもあります。嬉しくなってきます。引越しのお知らせを下さるサイトもあります。
と、先ほど久々リンクチェックをして、思ったことです。

で、実は今でもたまに相互リンク申し込みがあって‥。流石に返信しません‥。
やたら有名サイト(●△ファ○ル)もあったのですが、こういうのは意地でも公平になる自分がいます。


posted by 暗黒工房 at 21:59| Comment(0) | 運営

2007年01月23日

decoonlineにオバケ

decoonlineの公式ウェブサイト

http://www.deco-online.jp/News/Notice/Content.aspx?index=366

で、フォント「オバケ」を使っていただいたお知らせをいただきました。
おお、なんだか立体感があってまた、自分の使用例とまるで違って面白いです。


最近のオンラインゲームって、参加無料、アイテム有料というパターンが主流なんですね。
私はゲームを始めると、のめりこむタイプなので、RPGなど時間のかかるものはやらないようにしています。
でもやってみたい気はあります‥。ガマンということで。


今、急にいろいろ忙しくなってきました。
忙しければ忙しいほど、ゲームや読書がやりたくなります。
学生のころはテスト期間になると小説を読んでしまっていけませんでした。
この性質は治ってないですが、とりあえず始める前にセーブするようにはなりました。
posted by 暗黒工房 at 21:34| Comment(0) | 日記

2007年01月14日

「Bloodyslime」も窓の杜で紹介していただきました。

http://www.forest.impress.co.jp/article/2007/01/12/bloodyslime.html
壁に血痕で書かれたようなホラー系英字TrueTypeフォント「Bloodyslime」
人の顔に文字が書かれた英字フォントやリアルな虫の絵文字フォントも公開中

怨霊フォントに続いて、「Bloodyslime」と他2点のフォントも紹介していただきました。ありがたいことです。
少し遅れたお年玉をもらった気分です。

英字なので、話題性が低く、まさか取り上げていただけるとは思っていませんでした。

使用例が、かっこいいです。配布ページの例は白黒にしていたのですが、カラーのほうがよいかもしれません。
TheNeighborsのローマ字で受けました。でも1つスペルが‥あうあう



posted by 暗黒工房 at 21:56| Comment(0) | 運営

2007年01月13日

グロ詩運営近況

いやいやまあ、しつこいですが今だ自傷系の表現について、どこまでOKとするか迷っているのです。単語規制をするのは簡単ですが、それでは長期的には解決の方向にむかないのではないかと思います。

セッション7、最初に1点、今日2点、「お願い」のニュアンスでコメントをいれさせていただきました。
本当に、作品の質は非常に高いのです。
「この作品で悪影響がでるのか?」というと普通に読めば出ないと思います。

しかしですね、これがOKであれば、これも同じリストカットテーマという感じで、次々と自傷系作品が増えてしまうのです‥。
ですので、とにかくよい作品でもお願いして、なるべく自傷系の直接表現を避けてもらうという方向でいくのがベターではないかと思います。
投稿した作者様に対してのみではなく、その作品を読んだ方にも、「これくらいの表現でも、ちょっと管理者は気にするんだなあ」
と伝わってくれれば、自傷系の増殖が防げるのではないかと‥。
管理者コメント無しなら、これくらいはOKなんだなあという容認のサインと取れれてしまいがちです。

ですので、どうしてもあるラインでのブレーキをかける必要があるのです。

常連さんで、傑作をいくつも投稿してこられた方、新しい参加で、心のこもった作品をご投稿くださった方。
すべての方に平等に接することができるように努力をしております。

無粋なコメントを入れて本当にすみません。
すみませんが、どうぞお許しくださると助かります。





posted by 暗黒工房 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 運営

2007年01月08日

グロ詩セッション7が始まりました。

昨日、グロ詩セッション7が始まりました。
さっそく沢山のご投稿をいただき嬉しい限りです。
凄い作品にもレスを入れたくなることがありますが、管理者として拍手でレスの代わりとさせていただいております。
しかしいい作品は何か上手く生かせないか‥。


セッション7でも、「レスポンスで分かってもらおう路線」を継続中です。
しかし、「削除なし新記録」はセッション6の終わりで途絶えてしまいました。
平和が一番ですが、さすがに意図的な嫌がらせは放置できないです。



新たなバグが、セッション7になってはじめて判明しました。
秒単位まで同じ時刻に重複して投稿があると、先に記録された詩が表示されないというものです。
さっそくプログラムを修正しました。

このCGIは配布されているものを改造して利用しています。
今回のバグは作者様に報告はやめます。
じつは、去年、かなり致命的なバグを報告しましたが、もう修正されないようなのです‥。
詳細を書くと使っているサイトの方々に被害が及ぶ可能性があるので書けません。

CGIスクリプトに関しては、自分でバグ取りが出来ない方は、なるべくkentなどの大手の熟成されたものをお使いになるほうがよいでしょう。
どこでもバグはありますが、アクティブな大手ならば報告すれば迅速に修正されるでしょうし、ありがちなセキュリティホールに対しての対策は最初からされているでしょう。






posted by 暗黒工房 at 22:41| Comment(2) | 運営

2007年01月06日

ハッピーニューイヤー

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
外国だとA HAPPY NEW YEARのAは付けないことが多いのだそうです。
と、いつもながら遅いは、話がそれるは、困ったものです。

さて、グロ詩のセッション6が終わりまして、7の準備中です。
明日できるといいのですが、飾る素材が決まりません‥。
久しぶりで、設定の仕方も随分忘れ気味です。


チャットのほうですが、いろいろとありまして、
メール内容が絡んでいるのでどこまで書いてよいか微妙なところです。
簡単に書くと、「追加のIP制限依頼があったのを断った。」
ということです。
気に入らない人と仲良くしろとは言えません。
しかしお願いですから、悪口は言わないで欲しいです。
いきなり悪口を言う人は、通りすがりのアラシさんくらいで、
常連さんが怒るときは何かきっかけがある、理由があるのは分かっています。



正月に実家に帰ったら、いきなり光接続の設定、メールの設定やらやらされて大変でした。
光プレミアで無線、IP電話にすると機械だらけになりますね。
4台も電源入れっぱなし、ケチな私は待機電力が気になります。

メールは、いまだアウトルックで、スパムの山だったのでサンダーバードを突っ込んできました。慣れると他のメーラーは使えなくなります。
サイトの表記を画像表示にしてから、ankoku@宛にはスパムがほとんど来なくなったのですが、ドメイン標準のpostmaster、webmaster宛にガンガン外国スパムがやってきます。


しょっぱなから、散文小ネタ日記になりました。
今年もよろしくお願いいたします。









posted by 暗黒工房 at 23:25| Comment(0) | 日記

2006年12月30日

年の瀬運営小ネタ集

皆様、大掃除におわれていらっしゃるところでしょうか?
私は寒いときにあまり掃除をしたくないので、冬の掃除は簡単に済ませてしまいます。
水洗いしたものが乾きやすい季節の方がよいですし。

運営小ネタです。

まず、先日書いたpos.toどうしたの続報です。
http://ankokukoubou.sblo.jp/article/2388270.html
つぶれちゃいました!
ATLINKに引継ぎになるとのことです。
来年から料金制度など、どうなるか不安です。
値上げは困るなあ‥。


次、チャットマナーです。
http://ankokukoubou.sblo.jp/article/799941.html
常連様の数人の方をIP制限させていただきました。
やはり誹謗中傷は見過ごすことはできません。
気に食わない人にでもケンカを売ったりするようなことを容認していては
新しい人、時々来る人も参加できないです。
IP制限で誰もいなくなるなら誰もいなくなるで仕方がないです。
なんというか、私が参加してもいじめられそうな雰囲気に感じました。


次、グロ詩です。
http://ankokukoubou.sblo.jp/article/2340245.html
非常に迷うボーダーの作品がいくつかありましたが、
重複投稿以外には削除無し記録を更新中です。
これくらいの運営負荷が続けば、まだまだ続けられそうです。
続いてほしい‥。


次グロ詩の別ネタ。
いくつかの作品をフラッシュ化したら活性化につながるのではと思いつきまして、ちょっと試してみてます。
しかし困ったことが効果音。
クラッシック音楽を使おうといろいろあさったのですが、権利的に「作曲者」はOKでも「演奏者」「ファイル化した人」などの権利がクリアになっているものがスカッと見つからず、停止中です。
そう簡単ではないのですね。



次、このブログのネタ。
http://ankokukoubou.sblo.jp/article/797279.html
にコメントしてくださった青海苔様は、
もしかしてグロ詩の「あの方」ではないかと今頃気づく‥。
コーナーを象徴するトップ詩のお礼をちゃんと言っていないのが気がかりで、気づいていればそのときに御礼が言えたのに‥。
グロ詩コーナーでは、いままでコミュニケーションを一切とらないようにしていたので‥いいそびれてました。
元はスレッドの2をたてていただいたときに、書いてくださったものです。
ありがとうございます。
ずっと使わせていただいております。


次、最後に「窓の杜大賞」関連
http://ankokukoubou.sblo.jp/article/1987256.html
とある方に久々メールをいただきまして、
「怨霊」御投票くださったところ、USBメモリがご当選されたとのことです。
なんだか自分が当たったみたいに嬉しいです。

あ、自分とN氏は外れました!
でも確率がいいので来年も投票することにします。(ノミネートはないでしょうが)


では、よいお年を。






















posted by 暗黒工房 at 23:33| Comment(2) | 運営